介護福祉士の給与・年収は?

介護福祉士の給与・年収は?

高齢化社会の現代において、福祉系の仕事は年々需要が高まっており、特に介護福祉士は国家資格取得が必須であるため、正しい技術と知識を身につけて試験に合格しなければ働くことはできません。

 

介護職は一般的に重労働で不規則な時間帯に働くことが多く、給料と実際の業務がつり合わないと感じる人もおり、実際に働くことになったときに、その給料でやりくり出来るのか、体力はあるのか、また何よりも介護を受ける人に対して誠心誠意を持って向き合うことが出来るのかを考える必要があります。

 

また、現場は介護を受ける人に対して人員不足であることも多いため、体力面でも厳しさを感じる人も多いでしょう。
その中で細かい所にも気を配れるような仕事をしていると、評価されたり、給料が上がる可能性もありますが、実際の所評価制度を取り入れている施設はまだ多くはないようです。

 

介護福祉士の年収ですが、地域差や施設によって均一ではありませんが、経験の有無や年数によって差があるようです。
月に13万円から多い所で30万と大きく幅がありますが、雇用時間、雇用形態や夜勤が出来るか等によっても変動します。
年収で言うと、賞与が含まれてだいたい200万から300万といったところで平均のようです。

 

また入社してすぐにこの給与になるわけではなく、経験が無い場合は最低賃金からスタートするといった可能性もあり、生活と両立するとなると厳しい面もありますが、それだけ技術や質が求められる職業でもあるのです。

 

給与面ではそれほど優遇されている資格ではないと感じる人も多いかもしれませんが、資格を持っているということで一生涯勤めることができるのはやはり魅力です。
特に女性の場合は結婚・出産などで職を一度離れる人も多いでしょう。
そんな方が再就職する際には、やはりこのようなしっかりとした資格を持っていることは強みになると思います。