介護福祉士の求人と就職

介護福祉士の求人状況と就職について

試験に合格し、晴れて介護福祉士になったものの、実際の求人状況によってはすぐに希望の条件では就職出来ない可能性もあります。
常に人員不足と言われている福祉関係の仕事ですが、実際は不規則な勤務時間帯と肉体労働が主体となります。
そのため、家族の協力が必要なことも多く、就職先は長く続けられるように熟考することをお勧めします。

 

施設によっては入居者や付帯するサービスが異なりますから、資格を持っている方は様々な施設に経験を積む意味で応募してみても良いでしょう。
訪問介護においては、運転免許と送迎などが必要になるため、予め自動車免許を先に取得しておいても良いかもしれません。
今現在福祉系の大学や専門学校に在学しているなら、就職課などにキャリアプランを相談したり、実際出ている求人情報をまとめて置いても良いでしょう。

 

また、資格取得までに現場で実習するために、気になる施設で人脈を作っておいたり、どのような雇用形態や職場の雰囲気を下調べしておく人もいるようです。

もう資格を取得している人は、インターネットやハローワークなどで検索して直接応募することが出来ます。
ハローワークの場合は地域別、雇用形態別で福祉系の仕事がまとめられているところもあるので、まとめて気になる施設をチェックすることが出来ます。

 

求人を募集している施設は、リハビリが必要な介護老人保健施設、65歳以上の介護が必要な人の施設である特別養護老人ホーム、少人数制で障がいや認知症の人が入居しているグループホーム、直接自宅などに訪問するデイサービスや障害者更生施設などもあります。