介護福祉士の受験資格

介護福祉士の受験資格

介護福祉士は、国家資格の一種です。
ですから、国家試験を受験して、合格をしないと、介護福祉士として名乗って活動をすることができません。
ちなみに介護福祉士の国家試験を受験するためにも、一定の条件をクリアしていないといけません。
介護福祉士の受験資格ですが、以下で紹介をする2つの方法のうち、いずれかを満たしていないといけません。

 

実務経験の有無

まずは、実務経験の有無についてです。
福祉もしくは介護に関係をする業務を
介護福祉士の国家試験の筆記試験の前日までに、授業期間が1095日以上、なおかつ従事をした日数が540日以上ないといけません。

 

従事日数というのは、実際に介護の業務を行った日数ということになります。
例えば、出張をしたとか、研修を受けていた、さらには有給休暇を取っていたという場合には、この従事日数にカウントすることができませんので、注意しましょう。
また受験の申し込みをする時点では、上の実務経験の条件を満たしていなかったとしても、
筆記試験の前日までには、条件を満たすという場合には、「実務経験見込み」という扱いになるので、手続きを進めることができます。
上の日数を満たす条件の目安として、実務経験を3年以上行っているかどうかが基準となるとされています。

 

学歴による制限

 

もう一つの介護福祉士の受験資格を得る方法は、学歴です。
つまり、福祉関係の学校を卒業することができた人にも、受験資格が与えられることになります。
ちなみに該当をする学校とは、福祉系高等学校と福祉系高等学校の専攻科を卒業した人に対して、受験資格が与えられます。
ちなみに、まだ実際には卒業をしているわけではないけれども、所定の単位取得が確実である、卒業見込み者に対しても、受験資格が与えられることになります。

 

 

 

介護福祉士の受験資格は、複雑なので、良く確認しておくことをおすすめします。
公式試験サイト→http://www.sssc.or.jp/kaigo/shikaku/route.html

 

 

 

介護福祉資格を取得するためにはいくつかの方法があり、それぞれ必要年数も異なりますが、今回は、介護福祉士を取得するために必要とする受験資格と最短ルートをご紹介したいと思います。

 

最短で資格を取得するには、現在までの学歴や置かれている状況によって異なります。
現在、普通高等学校に在校している方は、学校卒業後、介護福祉施設養成学校に約2年間通学後、介護福祉士に従事出来ます。
また、現在中学生以下や中学卒業の方は、福祉系の高等学校で約3年間学び、試験に合格する必要があります。
福祉系大学や、福祉や保育士の養成学校に在学、または卒業された方は、約1年間介護福祉養成施設に入学し、その後介護福祉士の資格が取得出来ます。
現在、介護の仕事をして実務経験が合計で満3年になると、介護福祉の試験を受験する資格を得ることが出来ます。
ただし、実務経験がまだ1年経っていない方は、養成学校に約2年間通学したほうが確実でしょう。
また介護福祉士の受験しなければならない人が注意すべき点は、テストは1年で1回のみですから、もし不合格になってしまうと、次の受験日までまた1年間待たねばなりません。
ですから、実務経験が足りていても、肝心の試験勉強が出来ていない場合は、テストにどうすれば合格出来るかきちんと対策を練った方が良いと言えるでしょう。

 

介護福祉士の養成学校では、介護技術はもちろんのこと、心理学、医学、介護実習も2年生の場合は450時間にも及び、
多岐にわたる為、現場で実際の現場をシュミレーションすることが出来ます。