介護福祉士とホームヘルパーの違い

介護福祉士とホームヘルパーの違い

介護福祉士は、介護を必要としている人に対して、食事や排せつ、入浴の介助を行うことを主要な業務にしています。
すると「ホームヘルパーとどこがどう違うのか?」と疑問に感じる人も出てくるかもしれません。

 

 

ホームヘルパーは、文字通り、介護を必要としている人の家に行って、介護サービスをする人のことを言います。
しかし介護福祉士は、何も介護を必要としている人の家に限定をして、サービスの提供をする必要はありません。

 

たとえば、病院や介護施設の中にも、介護を必要としている人はたくさんいます。
彼らに対して、介護のサービスを提供することができるのが、介護福祉士の強みということができます。

 

ただし、実際に現場の話を聞くと、病院や介護施設の中で働くホームヘルパーの方も大勢います。
ホームヘルパーと介護福祉士の特に仕事の面での違いというのは、はっきりしないというのが現実のようです。

 

逆にいえば、高齢化社会が進んでいるにもかかわらず、介護の仕事を希望する人が慢性的に不足をしているからこその現象ということもできるかもしれません。

 

 

 

介護福祉士のメリット

「ならば、介護福祉士の資格をわざわざ取得する必要はあるの?」
と思う方もいるでしょう。

 

実際に、ホームヘルパーの資格は比較的短期間の講習で取得できるのに対して、介護福祉士の場合は、受験資格もありますし、実務経験や、実習時間も長時間になります。
これを、考えると、わざわざ・・・と思うのも仕方ありません。

 

しかし、ホームヘルパーは「認定資格」。介護福祉士は「国家資格」。
現場で、この資格の違いは大きく影響します。

 

長年、ヘルパーとして経験があっても、介護福祉士の下で働くということが多くあるでしょう。
昇進や、役職、責任、それに従い給与なども大きく差が出てくることも多いのです。

 

もし、この介護の業界でずっとやっていくと決めたのなら、ホームヘルパーで終わることなく、上級資格の「介護福祉士」の資格を取ることが望ましいでしょう。

 

また、就職の際も、介護福祉士というのは、国家資格になっていますので、より有力な武器となり、より良い条件で職に着くことができるでしょう。
ただし、国家資格ということになると、より介護についての専門的な技術や知識を有しているということを前提にして、雇う方も見るということになります。
ですから、高度な知識や技術を要求されるということも理解をしておく必要があるといえます。

 

 

 

また、今後は、ホームヘルパーの資格を廃止し、介護福祉士だけに集約するという流れも出てきています。
すぐにというわけではありませんが、このことを考えても、ホームヘルパーの資格を取った後でもいいので、いずれは介護福祉士にということを考えておきたいものです。