ケアマネジャーと介護福祉士の違い

ケアマネージャーと介護福祉士の違いについて

福祉業界において様々な資格制度が存在しますが、その中でもケアマネージャーと、介護福祉士の違いを明確に理解している人はどれくらいるでしょうか。
ケアマネージャーは一般的に人に対する仕事ではなく、福祉業務の裏方として事務職などの業務に携わる一方、、介護福祉士は、介護が必要な人に対して実際にヘルパーとしてサポートし、直接的に人とコミュンケーションしながら介助をする資格です。

 

ケアマネージャーは介護福祉士などの資格を持つ人を効率よく介護に従事させるため、適切なプランを立案します。
どちらも国家資格ですが、ケアマネージャーは、より多くの経験や知識を持っていなければ、介護の計画を立てても不具合があったり、
介護の必要な人に満足を与えることが出来ない可能性があるのです。
ただ、ケアマネージャーは、体力的な面よりも精神的に重圧がかかる人が多く、またなかなか求人が少なく、希望する勤務先が見つからないという声も聞かれます。
以前までは、一度資格を取得すれば継続できましたが、より質の高い介護を与えるため、また、知識と能力を維持するために更新制に改正されました。

 

有効期限が5年間に区切られ、継続するためには更新研修を受ける必要があります。

実際、介護福祉士からケアマネージャーに変わる人やその逆も多いようですが、それぞれ国家資格ですから、その為に必要な学費や時間を考えれば、どちらかに絞ってから勉強を始めるということも良いでしょう。
また、福祉系の資格の有無によっては、ケアマネージャーの受験資格に10年以上の実務経験が必要になるので注意しましょう