【介護の仕事】介護福祉士になるには?

 

介護福祉士とは

福祉関係の国家資格は、いくつかあります。
社会福祉士と精神保健福祉士、そして今回紹介する介護福祉士の3種類があります。

 

この介護福祉士とは、1987年に、社会福祉士とともに作られた資格のこと。

 

介護福祉士の資格を持っている人は、身体もしくは精神的な障害を抱えている人に対して、日常生活を送ることができるように、フォローアップをする人たちのことを指します。
要介護者の状況に応じて、必要な介護を行うことになります。
加えて、家族をはじめとして、身の回りの介護をする人に対して、専門的な見地から、指導を行うことも業務の中に含まれます。

 

 

 

高齢化の現代において介護福祉業界は日々拡大されていますが、その中でも介護福祉士は国家資格の1つとして認知されています。
昭和62年に国会で社会福祉法が制定されましたが、その中で作られた制度の一環であり介護などの業務に従事するための国家資格なのです。
専門技術と専門知識を持つ者だけが、日常生活を一人でおくることが困難な人を助けるための資格で、食事や入浴、排泄のヘルパーとして、また実際にアドバイスなどを通して、自立援助を含めて生活全般を助けることが出来る職業です。
施設等によっては業務もさまざまで、特に24時間態勢で介護する福祉施設では、朝昼晩と入居者のお世話をします。しかし、個人の健康状態によっては、全てを介護福祉士がリードするのではなく
出来るだけ一人で何でも出来るようにやる気を出させるということが前提です。

 

例えば、歩行、起床や就寝、トイレや入浴介助、食事などを出来るだけ一人で出来るようにサポートします。
訪問介護も同様で、毎日尋ねることもあれば、週に何度か生活の介助や買い物や掃除等、あらゆるサポートをするために定期的に訪れます。
また、身体の能力を維持、回復させるためにリハビリを同行することもあり、その場合は、理学療法士などと共に理想的なプランを考えて機能向上させます。
ちなみに海外でも同様の資格があり、社会福祉士であるソーシャルワーカーや、介護福祉士のケアワーカーなどが存在します。

 

 

 

介護福祉士

 

 

介護福祉士が活動をしている職場

 

介護福祉士が活動をしている職場についてですが、いろいろなところがあげられます。
特別養護老人ホームやデイケアセンター、障害福祉サービス事業所といった、社会福祉関連の施設で働くことが多いです。

 

またホームヘルパーという呼称で呼ばれることもありますが、訪問介護といって、要介護者の家に行って介護をする仕事についている人も多いです。

 

介護福祉士の資格を取得の概要

 

介護福祉士の資格を取得するためには、2012年からは、介護関係の実務経験が3年以上ある人は、600時間以上の研修を受講しないといけません。

そのうえで、国家試験を受験し、合格をしないといけません。
ちなみに実務経験があるものについては、筆記試験と実技試験のうち、実技試験は免除されるとされています。

 

しかしこの規定については、当初は平成24年度から実施される方向で調整されていましたが、3年遅れて、平成27年から実施される予定になっています。
社会福祉士は、ソーシャルワーカーという英語の呼び名があります。そこで、介護福祉士については、ケアワーカーという呼称で呼ばれることもあります。

 

 

 

様々な介護の資格・・・

 

介護の現場においては様々な資格を持つ人が働いていますが、実際その違いは何でしょうか。
福祉の資格で一番メジャーなのは、ホームヘルパーでしょう。
(現在はホームヘルパーという名称はなくなり、介護職員初任者研修という資格名に変わっていますが、まだまだホームヘルパーという名称の方が一般的になっているようです。)

 

介護福祉士は国家資格であるのに対して、ホームヘルパー(介護職員初任者研修)の場合は認定資格で、講習を必要な時間受けることで誰でもホームヘルパーになることが出来ます。
介護福祉士の場合は、専門学校等を卒業し受験資格を満たした上で国家試験に合格し、さらに必要な研修を受けなければなりません。
ただし、高齢化社会に伴い、ホームヘルパーを求める声も高まり、特に2級以上の資格を持つ人の需要が高いのです。

 

次にケアマネージャーですが、介護の実務経験や認定資格、国家資格をなどを持つ介護のスペシャリストです。

 

具体的にいうと、特別養護老人ホームや、介護支援施設などで勤務することが多く、介護を求める人に対して適切なプランを作成し介護福祉士などを派遣させます。
実務経験や幅広い介護の知識を持ち、介護利用者にアドバイスしたり、また施設と連携して指示を出す場合もあります。
あらゆる福祉に関しての相談を受ける人を社会福祉士と言い、高齢者や、障害を持つ人、生活保護に関して、いじめや暴力などで悩む人から相談を受けます。
相談を受けるだけではなく、どのように解決すべきか計画を立てて、必要な施設を紹介する必要があり、経験や人脈が必要な資格と言えます。

 

それ以外にも、介護に必要な住宅環境を整える福祉住環境コーディネーター、精神的な障害を持つ人の様々な相談や援助を行う精神保健福祉士などがあります。